相続のYouTube動画

相続の手続きや事例を、あすみあ総合司法書士法人の代表司法書士の飯島きよかが、動画で分かりやすく解説します。

※動画再生時に音が出ます。音量にご注意してご覧ください。

ご 挨 拶
相続は、一生に何度も経験する事ではありません。なのに、決断することはたくさんあります。「もっと、こうしておけば良かった」と後悔することのないよう、手続きされる事をお奨めします。

一般的な相続の流れ
相続手続きの一般的な流れを解説しています。相続は財産の清算手続きです。

知らない相続人が出てきた!!(前半)
相続人の確認をしてみたら、全然知らない相続人が出てきた!!という事は、実は、結構あります。知らない相続人と遺産分割協議をする場合、実際には、どのように進めているかを解説しています。

知らない相続人が出てきた!!(後半)
相続人の確認をしてみたら、全然知らない相続人が出てきた!!という事は、実は、結構あります。今回は、知らない相続人からアクションがあった後の進め方について、解説をしていきます。

相続財産が不動産しかない!!みんな、どうやって分けてるの?
・相続財産が不動産しかない・預貯金に比べて、不動産の割合が多い場合、単純に分けるのが難しいです。こんな時、実際には、どんな分け方がされているかを解説します。

突然、固定資産税の督促がキタ!!(前半)
突然、知らない不動産について「固定資産税を払ってください」という通知が来ることがあります。なぜそんな事がおこるのか、そして、どうしたらいいのか。現場ではどう進めているのか、解説しました。

突然、固定資産税の督促がキタ!!(後半)
知らない不動産を相続してしまった場合、実務上、どのように進めていくのかについてお話ししました。前半では、2つの選択肢(相続放棄or相続)について、話しをしました。今日は、後半として、「選択する時に、どんな点に注意して決めたらいいか」を解説しています。

実は便利!!相続分の譲渡って何?
あまり馴染みのない「相続分の譲渡」実は、実務上、とてもよく使われています。知っていると、あなたの相続手続きが楽になるかもしれません。

家庭裁判所のホームページに物申す!!
相続放棄について、家庭裁判所のホームページを見て、気づいたことを話しています。家庭裁判所に提出する書類の目的と、考え方について知っておくと、ホームページの内容が理解しやすくなるかもしれません。

相続手続き中の不当利得返還請求について
同居して財産管理していた親が亡くなった後、他の兄弟から「もっと、財産あったはず」「勝手に使ったでしょ!!」と言われてしまう事があります。勝手に使っていた場合は別ですが、争いにならないための対処法について、実体験を元に話しをしました。

相続人の中に未成年者がいる場合の進め方
相続手続きでは、相続人全員で遺産分割協議をして、誰が何を相続するか決めていきます。相続人の中に未成年者がいる場合、その子に代わって、遺産分割協議をしてくれる人を選ばなければなりません。「家庭裁判所の特別代理人選任の申し立て」について、解説しました。最後に後見人との比較についてもお話ししています。

相続手続き中に、相続人が亡くなった?!
遺産分割協議前に、相続人の1人が亡くなってしまう事を数次相続といいます。その場合の手続きの進め方について、解説しています。

「相続した財産を売却したい」~スタッフから聞いたリアルな声~
相続した不動産を売却したいというご相談は多いです。ただ、不動産の名義は亡くなった方のままだと、売却できません。一度、相続人の名義に変更しなければなりません。では、誰の名義に変更したらいいのでしょうか。実務上、どのような手続きをしているか、お伝えします。

それ、相続放棄ではないですよ
法律用語の意味が間違って使われることがあります。「家庭裁判所の相続放棄」と「遺産分割協議の相続しない」は全く違います。 いくら遺産分割協議で何も相続しなくても、借金は法定相続分で相続してしまいます。 勘違いされる事が多い「相続放棄」について、解説しています。

遺産分割協議書には2種類あります
遺産分割協議書には2種類あるんです。 1つは一般的な遺産分割協議書、もう1つは、遺産分割協議証明書。 離れて暮らす相続人間で遺産分割協議をする時に、1枚の協議書に全員 が署名するのは大変です。そんな時、遺産分割協議証明書が便利なんです。

「相続したけど管理できない土地」を国がもらってくれるかもしれません。
「相続土地国庫帰属制度」 「相続したけど管理できない土地」を国がもらってくれるかもしれません。今から運用開始なので、大枠のお話しをします。国は「通常より費用・手間がかかる土地は受け付けない」というスタンスのようです。しかも、タダでもらってくれるわけではない(笑)ただ、私は、この制度を期待を込めて見ていきたいと思っています。

「警察から、遺体を引き取ってほしいと連絡がきた」
警察から、音信不通になっている親族の「遺体を引き取ってほしい」と連絡がくることがあります。ご遺体と一緒に、遺品(現金や通帳など)を預かられた場合、どのような手続きが必要になるかを解説しています。預かった方が、相続人なのか相続人でないのかによって、手続きが異なります。相続人であれば、通常の相続手続き(相続するか・放棄するか)相続人でなければ、家庭裁判所に相続財産管理人選任の申し立てとなります。

相続登記が義務になります!!
これまで、相続登記に期限はありませんでした。法律が変わり、3年以内に相続登記をしなければ、10万円以下の過料になります。ただ、3年以内に登記ができない状況であれば、法務局に、「私が相続人です」と名乗り出れば、過料にはなりません。新たな制度について、解説しました。

いまさらですが、不動産登記って何?
「登記」って、一般の方には馴染みが無いですよね。一般の方が登記に触れるのって、①相談が発生した時 ②家を建てる時 ぐらいかと思います。私も、司法書士になって、初めて理解できました(笑)・登記って何なのか ・登記されたらどうなるのか 登記事項証明書をもとに、解説していきます。

「実例で解説」知らない人と遺産分割する時の進め方
知らない人とか、交流の無い人と遺産分割しなければならない時の進め方について、実例をもとに解説しました。 どうやって進めるかというと、先ずは、お手紙を出すことから始めます。 今回は、実際にお手伝いさせていただいた事例をもとに、お話ししています。

遺言のYouTube動画~遺言のポイントや手続きを動画で分かりやすく解説~